レシピ

HOME  > レシピ  > 小松菜と松茸のお吸い物

小松菜と松茸のお吸い物

小松菜と松茸のお吸い物.JPG

材料と分量

[4人分]

小松菜  ・・・1/3束
松茸   ・・・1本

昆布(15cm角)・2枚
削り節  ・・・30g
水    ・・・4カップ強
酒     ・・・大さじ 3
みりん   ・・・大さじ 1
塩     ・・・小さじ 1
醤油      ・・・大さじ 1 

 

作り方

  1. 松茸の根元の硬い石づき部分を包丁で薄く削ります。次に、濡れ布巾やペーパータオルで軽く拭いて汚れを落とし、食べやすい大きさに縦の繊維に沿って切ります。
  2. 出汁をとります。鍋に昆布、水を入れ、火にかけます。昆布の周りにプツプツと泡が出て来たら昆布を取り出します。次に削り節を全量を入れ、再び沸騰したら火を止めてそのまま1~2分おきます。削り節が沈み始めたら、硬く絞った濡れ布巾もしくはキッチンペーパーでこして、ボール(別の鍋でもOK)に出汁を入れます。
  3. ②に酒、みりん、塩、醤油を入れ、ひと煮立ちさせます。
  4. 出汁をとっている間に、小松菜の根元を良く洗い、塩を入れたたっぷりの熱湯で茹でておきます。茹でたらさっと水にとり、2cm幅のザク切りにします。
  5. ③の鍋に松茸を入れ、2~3分ほど煮ます。小松菜を入れ、味を調えたら椀によそって完成となります。
     

レシピの特徴・おいしく作るためのポイント

出汁を美味しく仕上げるポイントは、沸騰させるとアクが出るので、80~90度で、じっくり煮ることです。
市販の出汁(またはご家庭の出汁)をお使いの方は、その出汁を使って酒、みりん、塩、醤油を加えてお作り下さい。
みつばを加えたり、最後にゆずを入れると風味が良くなります。
お椀を口元に近づけるだけで、松茸の香りで満たされる、とても贅沢なお吸い物です。松茸を保存しておくと、お正月のお吸い物や松茸ごはん、おせち料理などに使えて重宝です。